市政アンケートにご協力ください

2016年 6月 日本共産党船橋議員団

  安倍政権は、国民多数の強い反対の声を踏みにじって、安全保障関連法=戦争法を強行しました。「憲法9条の下では集団的自衛権の行使はしてはならない」という従来の憲法解釈を180度転換し、集団的自衛権の行使を可能にする、憲法違反の法律です。国会で多数を持っている政権党であっても、憲法の枠組みに反する法律は作ってはならないというのが立憲主義です。いまこの立憲主義が壊されています。

 「戦争法廃止、立憲主義回復」で「野党は共闘を」という国民の声に応え、4野党による参院選1人区での選挙協力が着々と進んでいます。社会保障、消費税、原発、TPPなどでも、可能な限りの一致点を得るために力をつくします。

 船橋市政では、積立金が史上2番目の251億円という豊かな財政状況にありながら、保育園や特養ホームの不足が深刻な課題となっています。高すぎる国民健康保険料や介護保険料・利用料の引き下げ、重すぎる教育費負担の軽減などを求める声が強まっています。日本共産党は、市民生活改善のため引き続き力をつくします。

 このアンケートは、日本共産党が、毎年市民のみなさんにご協力をお願いしているものです。アンケートに寄せられた声に基づき、議会内外での取り組みで、下記のような施策を実現してきました。
本アンケートに、ぜひご協力下さいますようお願いいたします。

※このアンケートで寄せられた事項は、 市長への要望書として提出し実現を求めます。(昨年版はこちら) 国や県への要望は、 日本共産党国会議員団・千葉県議団に届け実現を求めて行きます。

 

みなさんと力を合わせて実現しました (主なものを抜粋)

認可保育園増設2,539人定員増(2015年〜2016年度)
木造住宅の耐震診断・改修費用の助成拡大。防災井戸の増設
マンション共用部分のバリアフリー化工事費助成
高齢者の住環境改善のための住み替え費用助成
40歳以上の国民健康保険被保険者と後期高齢者医療保険被保険者に人間ドック受診費用助成
自力でのゴミ出し困難高齢者・障害者等に対する「ふれあい収集実証事業」を市内全域で実施
自転車駐輪場整理員ボックスにエアコン取り付け
空き家の実態を調査し、空き家等対策計画を策定
生活保護世帯及びひとり親世帯等の中学生に学習支援(市内2か所から4か所に拡大)
アンデルセン公園の交通渋滞解消として新たに駐車場を確保しシャトルバスを運行
交通不便地域解消事業でバスの試験運行に助成(二和グリーンハイツ?馬込沢駅)
東消防署古和釜分署及び消防訓練場を整備
二宮中・行田西小に自閉症・情緒障害特別支援学級、習志野台第一小に言語障害通級指導教室を開設

 

 
1 あなたの くらしについて、お伺いします。

    去年と比較して

きびしくなったと感じる    よくなったと感じる    変わらない

そのように感じる要因は何ですか。よろしければお書きください。





 
2 あなたが 優先的に実施 してほしい政策を次の中から5つまで選択し、
   具体的にあれば 内にお書きください。
1.
医療
2.
保育・子育て支援
3.
高齢者福祉
4.
障害者福祉
5.
国民健康保険料・後期高齢者医療保険料・介護保険料の引き下げ
6.
防災対策
7.
放射能汚染対策
8.
学校教育
9.
給付制奨学金
10.
平和・基地
11.
文化スポーツ施設
12.
雇用対策
13.
ブラック企業対策
14.
商店街・中小企業振興
15.
地産地消、農漁業の振興
16.
公園や住環境の整備
17.
生活道路整備や歩行者の安全対策
18.
公共下水道や河川の整備
19.
市営住宅増設や家賃補助
20.
乱開発防止や自然環境保全
21.
自然エネルギーの活用
22.
ゴミの減量や温暖化防止対策
23.
三番瀬の保全
24.
防犯対策
25.
空き家対策
26.
その他

※具体的な内容




 
3 いま焦点になっているいくつかの問題について伺います。
(1) 戦争法
3月に施行された安全保障関連法=戦争法は、自衛隊が海外で戦闘に参加できるようにする法律であり、戦後初めて、自衛隊が他国の人を殺し、戦死者を出す危険性が現実のものになろうとしています。この法律は、
1.廃止すべき   2.存続すべき   3.どちらともいえない

(2) アベノミクス
安倍政権の3年間で、全世帯の3分の1以上が「貯蓄ゼロ世帯」となりました。この上、医療・介護・年金など社会保障を削り、消費税増税を予定しています。その一方で、大企業には減税し、過去最高の軍事費や浪費的な大型事業に税金を注ぎ込んでいます。こうした財政運営に、
1.賛成    2.反対    3.どちらともいえない

(3) TPP
TPP(環太平洋パートナーシップ協定)は、国会での批准と関連法の整備が進められようとしています。しかし、交渉経緯も秘密、国会に提出された資料も黒塗りされたもの。この協定の危険さが浮き彫りとなっています。この協定の批准に、
1.賛成    2.反対    3.どちらともいえない

(4) 原発
福島第一原発事故は、溶け落ちた核燃料の状態も把握できていません。しかし安倍政権は原発の再稼働・輸出に固執しています。また川内原発は、熊本地震を引き起こした活断層から西南に伸びる「日奈久(ひなぐ)断層帯」の延長線の近くにあり、地震で避難路の確保さえ危ぶまれており、直ちに停止すべきですが、それを拒んでいます。こうした姿勢に、
1.賛成    2.反対    3.どちらともいえない

(5) 改憲
自民党の改憲案は、「公益及び公の秩序」のためには基本的人権を制約できる、内閣が国会を通さずに「立法権」を行使できる「緊急事態条項」を創設する、憲法9条2項を変えて「国防軍」を書き込む、などを内容としています。安倍首相はこの改憲案を掲げて選挙を戦うと言っています。こうした改憲案に、
1.賛成    2.反対    3.どちらともいえない

  ○その他ご意見がありましたらお書きください。




 
4 お住まいの地域でお気づきのこと や 具体的な要望事項がありましたらお書きください。
   道路や排水の整備、信号、カーブミラー、防犯灯の設置などは具体的な場所を図に書いてくださると助かります。
(詳しい住所番地も記載して頂けるとすぐに対応できます。)
 



 
5 日本共産党に対するご意見をお聞かせください。
 

 

 
6 さしつかえなければ、該当する項目にチェックをおつけ下さい(任意記入項目)

【年代】

10代  20代  30代  40代

50代  60代  70代  80代以上

【性別】
男性  女性  回答しない



 よろしければ、ご記入ください。(任意記入項目)

ご住所
お名前
電話