あの街この町ロゴ  トップページへ




2017年4・5月号 NO.218

第1回定例会 図書館の直営を維持し、財政力活かしたくらしを守る予算に


フェイク(まやかし)で市民脅す 市の財政運用やめよ
異常事態「担任の先生がいない」  市費で教員採用を
平成29年度船橋市一般会計予算 日本共産党組替案の主なもの
船橋再発見 「噴水のある」若松2丁目はらっぱ公園
北部清掃工場・余熱利用施設 「DBO」で市のチェック働かず
セカンドブック事業  全ての子ども達に絵本を
高校や大学など 船橋市奨学金支給条例を提案
自衛隊習志野基地の米軍使用 市長は「憲法の範囲内」!?
市スポーツ施設使用料 大幅値上げに「水増し」の積算まで!!!
みなさんと実現しました
第1回定例会 日本共産党提案の意見書と主な陳情への態度

 


2017年2月号 NO.217

第4回定例会 −公的責任の後退まねく− 市立図書館などを指定管理者に


中学校入学準備金の支給が3月に
民間開発に莫大な市費投入となる「メディカルタウン」ー海老川上流域
世界の流れに逆行ー核兵器禁止条約に  「賛成」と言えない船橋市長
学校トイレの洋式化で追加補正予算
ノー部活動デーは週2日に
子どもの貧困対策推進を 
消防古和釜分署・訓練場新築工事の議案が取り下げに
農地保全・再生を「緑の基本計画」の柱に
海老川上流のあり方を特別委員会で検討することに
市長は喜んでいるが、これで良いのでしょうか  地区計画制度を悪用して、高さ制限を1・55倍まで緩和
第4 回定例会 日本共産党提案の意見書と主な陳情への態度

 


2016年11・12月号 NO.216

第3回定例会 小中学校保護者負担の軽減などを要求
ばく大な積立金は維持し、市民要望後回しの決算に反対

民生費32億円の不用額を計上 財政調整基金の積立金は市政史上3番目
ふるさと納税 3億5000万円の赤字
マイナンバーで過剰なセキュリティ設備が
民泊 規制緩和に反対  
船橋再発見 習志野台商店街バス通りのケヤキ並木
市の施設が減らされる!?
家具転倒防止器具に助成を
野鳥の生息地、三番瀬の保全を
小中学校保護者負担の軽減を
温浴施設の水増し利用料
「住み慣れた地域」の広さとは?
「雑品スクラップの適正管理制度の創設を求める意見書」全会一致で可決
第3回定例会 日本共産党提案の意見書とおもな陳情への態度

 




2016年8月号 NO.215

第2回定例会 市民要求かかげ論戦
保育園用地確保、介護軽度者外し中止求める

就学援助制度 基準内容や支給金額は実態に合ったものに
戦争法の陰で図書館は情報操作の場に!?
どうするつもり? 巨額の公費負担ともなう海老川上流地域の「区画整理事業」
船橋再発見 北部地域の憩いの場  
高校生のブラックバイト対策 授業で労働法を具体的に
防災対策の抜本的な見直しを
「老人憩いの家」トイレの洋式化に補助を検討
産後ケア事業の実施を
高い経済波及効果 住宅リフォーム 助成制度の再開を
急がれる「法整備」  スクラップ火災無くすために
ついに実現 駐輪場の整理員ボックスにエアコン設置
新年度予算で実施
第2回定例会 陳情等に対する各会派の態

 




2016年5月号 NO.214

将来の市民に負担増 ムダ使いとサービス低下の新年度予算
市民の声を聞かず民間に丸投げ 図書館に指定管理者導入
財政支出不明の 「メディカルタウン」構想 海老川区画整理事業の問題点
平成28年度船橋市一般会計予算 日本共産党組替案の主なもの
船橋再発見 高根木戸第3号公園(かいじゅう公園)  
参院選に挑戦します 党准中央委員(比例代表)椎葉かずゆき/党県女性部長(千葉選挙区)浅野 ふみ子
いいのか !? 市立船橋高校 普通科も市外受け入れ
「保育園落ちた」 船橋でも深刻な待機児問題
水源地に放射能汚染物質を 埋め立てるな!
三番瀬環境学習館はラムサール 条約登録をめざす拠点に
ギャンブル施設ようやく廃止 「船橋オート」
「臭い」「汚い」「壊れている」 学校トイレの改修を早急に
新年度予算で実施
主な議案・発議案の審議結果



2016年2月号 NO.213

船橋市のあやしげな財政運営は「要注意!」 12月議会とその後
指定管理者制度は、見直しを
特別養護老人ホーム 職員不足で受け入れできず
中学生 自衛隊への 職場体験学習の中止を!
子どもが多い世帯ほど保育料値上げ 少子化対策逆行
子どもの「困り感」に、 いち早く対応するために
介護保険 要支援者は介護保険外し  3月からは「総合事業」へ
図書館の運営は直営堅持を
主な議案・発議案の審議結果





2015年11月号 NO.212

【第3回定例会】 待機児解消や教育費無償化を要求 過剰なためこみ 2014年度決算に反対
「戦争法案」―市長「論評控える」
くらし削って積み立て251億円
介護保険改悪 負担増でサービスが使えない
マイナンバー「番号カード」はつくらなくても大丈夫
駐輪場の料金改悪案が可決(整理員ボックスにエアコンを)
保育の基準を下げて待機隠し ○船橋の農地を守る施策を!
市内9中学校で自衛隊『職場体験』 ○学校教材費を無償に!
下水道で手抜き工事?
第3回定例会 陳情等への各会派の態度 (戦争法案反対陳情で行われた討論 後方支援はこいのぼりをあげること?)





2015年8月号 NO.211

● 【12月議会】 暮らしを守る市長の姿勢が問われた議会
財源はあるのに発揮されないリーダーシップ

「戦争法案」―市長「論評控える」
急がれる日本建鐵跡地汚染処理
くらしの情報ワシづかみ マイナンバー(社会保障・税番号制度)で、情報流出は防げない!
7月から住宅扶助基準引き下げ 生活保護受給者の住宅確保を
放課後ルームに入れない子ども471人 施設と職員不足の解消を急げ
待機児童問題 「公立保育園2〜3園を 閉鎖しているような状況」は改善を
学校のトイレ、洋式化にどうして10年もかかるの?
子どもたちに無料で安心・安全の学校給食を
「安保法制」のこんな解釈こそおかしくない?






2015年2月号 NO.210

● 【12月議会】 暮らしを守る市長の姿勢が問われた議会
財源はあるのに発揮されないリーダーシップ

市長に予算要望書提出
過去の日本軍慰安婦問題解決の意見書が撤回される
 歴史を偽造する動きは許されない

重度障害・難病医療費制度に冷たい政治姿勢
議員の半数は、市民の暮らしが見えていない?
 都市再生機構の公共性を否定!
主な議案の各会派の態度

 



2014年10・11月号 NO.209

● 【9月議会】 国いいなりに保育所の入所条件厳しく 質の低下懸念も
         マイナンバー制度始動準備へ

社会保障削減ねらうマイナンバー制度は廃止を
集団的自衛権行使 「国の問題に意見は言えない」市長
子ども・子育て支援制度で心配される保育

災害時の広報―コミュニティFM開設を
学力テスト―「結果公表は教育ゆがめる」
自転車駐輪場整理員ボックスにエアコン設置を

どんな役割を期待した?「過料」の話
経済が厳しいから議員を減らす?
公職選挙法違反で議長不信任決議を提案
主な議案の各会派の態度

 



2014年7・8月号 NO.208

● 【6月議会】 国の地方支配が鮮明に 「子ども」、庶民増税、副市長人事
くらし守る3つの条例提案
軽自動車税の増税 古車買い替え誘導で自動車メーカー応援
後退する子どもの保育環境「子ども・子育て支援制度」
「海外で戦争する国」づくり 許さない!!
○「いま住んでいる所で、医療や介護が受けられる」 というのは本当の話だろうか?
再生可能エネルギー開発は3つの観点をもってすすめるべき
侵略戦争を肯定・美化する「愛国心」教育の押しつけは許されない
小型スピーカー設置 取り組む意向表明
生きがい福祉事業団 会費徴収やめよ
発議案・陳情に対する各会派の態度


2014年2月号 NO.207

● 【3月議会】 松戸徹市長初の予算編成 これでは市民のくらしは守れない
予算くみかえを提案 保育所・特養ホーム増設など
「福祉とみどりの都市宣言」の柱の事業を 廃止して「やさしい」市政といえるのか
認可保育所増やし 待機児童解消を
2月の大雪で交通マヒ 災害協定を活かせ
水害対策推進 雨水浸透ますの普及へ
乳がん検診の充実を
皆さんと一緒に実現しました
「目配り」する責任は市長では?
発議案・陳情に対する各会派の態度


2014年2月号 NO.206

● 【12月議会】 学校耐震化を前倒し発注へ 市議会会派の離合集散も
校舎の耐震補強などの入札不調   原因は、下請職人の不足
これで安全確保できるか 「お泊りデイサービス」
風営法の規制はずし !? 児童遊園条例の廃止
市長に予算要望書提出
議長が強引に、議員の海外派遣 予算1775万円要求
効果的な三番瀬の青潮対策を 
市議会議員定数削減条例案 否決 民意けずるとして反対 日本共産党
発議案・陳情に対する各会派の態度




2013年11月号 NO.205

● 【9月議会】 235億9千万円  史上最高の財源調整基金に
保育所待機児解消を
国保料引き下げを
防災井戸増設へ
歩道整備で安全な道路に!
表現の自由を制約するな みんなの掲示板
新1年生の中学校給食4月から実施を 
学校耐震工事の 「入札不調」
学校・公園に 放射能汚染土を埋設
事実偽り会費制導入 ----生きがい福祉事業団
グループホームを新設
市営住宅の空き家に8倍もの応募
9月議会 発議案・陳情に 対する各会派の態度
UR賃貸住宅家賃引き上げに反対する意見書が多数で採択に



2013年5月号 NO.204

● 設計・建設・運転すべて民間まかせお金と責任は市民
  DBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式をごり押し!! ---北部清掃工場の建替え---

市民への負担押し付け続けた藤代市政の4期16年
新年度予算組替案を提案市長提案の誤り正し、市民要望の実現へ
北部清掃工場の建て替え
野田剛彦議員の 「政務調査費」返金の怪!
東葉線 会社の経営努力で通学定期の値下げは可能
国保料介護保険料滞納世帯に14・6%もの延滞金を賦課 
児童ホーム未整備地区を早急になくすべき!!
元自衛官がどうして危機管理の 専門家?
皆さんと一緒に実現しました
3月 発議案・請願・陳情に対する各会派の態度は



2013年2月号 NO.203

● 地域主権改革で37条例を制定 国の悪政から市民のくらし守る市政に
保育所・公園など 新条例基準の達成が課題
市内零細業者の経済対策を!
野田剛彦議員の「政務調査費」 使途疑惑解明にようやく着手
個人情報の取り扱いは正規職員に
無料の学校給食放射能検査を なぜ利用しないのですか
ずさんすぎる飯山満土地区画整理事業 市長「赤字の負担は市民にお願いする」
総額225億円暗闇の中で進む清掃工場建て替え
生活保護、自立の権利奪う 無料低額宿泊所の利用はやめよ
マンションにも耐震工事助成を


2012年 11月号 NO.202

● 震災復興増税で低所得者に負担増
子ども医療費助成拡充へ
低空飛行・騒音被害の改善を
消費税増税反対の立場に立てない市長
ホルムアルデヒド汚染で断水 市民の飲料水確保計画は
市内中小企業の振興に責任を果たせ
介護保険「今までのサービスが受けられない」
子育て世帯・低所得者の国保料軽減を
子育て世代に増税の余波
職員の非正規化で正確な業務運営できるのか
6月議会 意見書などに対する各会派の態度は


2012年 8月号 NO.201

● 市の財政は厳しくない !! 積立金(財源調整基金) 史上2番目の高額に
プライバシーを侵害する 防犯カメラ設置は慎重に
特別養護老人ホームのかわりはムリですが… 24時間・365日の巡回型サービス始まる
出張所でもできるようになりました 福祉サービスの「申請」
野田剛彦議員の政務調査費の使途疑惑 議会では「不問に」!!
東葉線 巨額の税金が使われているのに 運賃が高く経営が安定しないのは?
船橋市地域防災計画 「震度7想定せず」では備え誤る
マンションにも耐震工事助成を
9月議会 意見書などに対する各会派の態度は 議員定数削減条例案否決


2012年 5月号 NO.200

● 市民の不安解消になっていない市長提案の今年度予算
日本共産党のくみかえ案
放射能検査について、市長に緊急に申し入れ
日本共産党演説会のお知らせ
都市再生機構(旧住宅公団)賃貸住宅は公共住宅として維持してこそ!
  市長から要望書、議会からの意見書が提出されました
放射能検査の充実を求める陳情が不採択に 問われる議員の姿勢
新京成 高根木戸・三咲駅の無人化中止を
交通不便地区の小型バス 2013年度 本格運行
みなさんといっしょに実現 新年度予算化された事業
請願・陳情に対する各会派の態度は


2012年 1月号 NO.199

● 放射能対策、医療・介護の充実と負担軽減やリフォーム助成の増額補正を求める
徹底した放射能汚染対策を!
リフォーム助成の拡大を
みなさんと一緒に実現しました!
TPP参加で船橋の農水産物も減産に
介護保険―保険料・施設利用料市独自の負担軽減を
裁判所を使った市民への取り立て始まる
安全な自転車交通の実現を
会派の体裁もない「みんなの党」の奇奇怪怪
12月議会で審議された意見書等


2011年 11月号 NO.198

● 9月市議会 放射能汚染の測定・除染を要求 地方交付税22億6千万円の増額も
放射線測定機32台購入 給食食材測定実施へ
住宅リフォーム助成実現
子ども医療費助成 改善が必要と議決
学校耐震工事の遅れは「職員不足」が原因
サラ金まがいの取立ても…「債権管理条例」可決
低価格入札で労働者の賃金は守られるか!
市民の声 市政アンケートに寄せられた声です
震災救援に引き続きご協力お願いします
9月議会の陳情や発議案


2011年 8月号 NO.197

● 6月市議会 震災や放射能汚染から市民を守る市政へ
きめ細かく継続した放射能測定を
議員の海外視察復活許すな!
被災住宅に市独自の助成制度実現
保育園「民営化」は一時中断
待機児童の解消を
防災対策の強化を。日本共産党は、ひきつづきとりくみます
「議員のあり方検討特別委員会」が設置されました
6月議会の陳情や発議案
市民の前でも言うのでしょうか?


2011年 2月号 NO.196

● 12月議会 全小中学校にエアコン設置、コミュニティバスなど3地域で実験始まる
強引すぎる公立保育園の民営化計画
国民健康保険料 引き下げを
船橋北口駐車場 貸付料見直しへ
三番瀬 公約実現の姿勢が問われる市長
公務員給与の引き下げで民間企業へも深刻な影響
市議会議員定数の削減条例案は多数で否決


2010年 10月号 NO.195

● 新たな財源ー交付税36億円を市民生活に
値上げされた国保料を元に戻す条例提案
子宮頸ガン・ヒブ・肺炎球菌予防ワクチン市の助成を急いで
日本共産党提案 東葉高速鉄道の意見書可決
三番瀬のラムサール条約湿地登録を
市長が平和市長会への参加意志を表明
デジタル化完全移行で「テレビ難民」つくるな!
市出張所窓口サービス早急に改善を
船橋産の食材を使った給食を
公園管理に新制度導入を検討 市の責任や公共性は?
児童虐待の予防体制強化を緊急に
“絆創膏行政”市「反省します」
意見書・請願・陳情に対する各会派の態度は


2010年 7月号 NO.194

● 6月市議会
  財政がきびしいと言いながら
  北口駐車場2億円の歳入放棄
  リサイクル施設はメーカー言い値の見積り
「命守る」思いは同じ 医師連盟船橋支部と懇談
わずか5ヶ月で船橋市の保育のあるべき姿を検討?
  強引な運営の「あり方検」
国保料値上げ くらしにずっしり
日本共産党議員が質問で取り上げた内容
議会傍聴記
意見書・請願・陳情に対する各会派の態度は


2010年 4月号 NO.193

● 3月市議会
  心配される市民生活
  不況下での国保料値上げと福祉サービス削減
市民要望実現 新年度で予算計上された主な事業
日本共産党の予算組み換え案
財政難の原因はこんなところに
他会派議員のあんな発言こんな発言
市船学区拡大問題  生徒を傷つけるのはどちら
意見書・請願・陳情に対する各会派の態度は


2010年 2月号 NO.192

● 市民の暮らしはますます深刻
  市政アンケートをもとに12月議会で奮闘

日本共産党の市政アンケート
保育園待機児の解消を市立保育園を新設せよ
コミュニティバスなど今年から試行
学校などの修繕増やし、市内業者に仕事を
貧困ビジネスに規制を
  「悪質な商売」に協力する船橋市
沖縄普天間基地撤去を求める意見書の陳情
高齢者サービスの削減が検討されています
意見書・請願・陳情に対する各会派の態度は



2009年以前の「あの街この町」
トップページへ