日本共産党 > 船橋市議会議員 > 関根和子


市民が主人公の 船橋市政めざして

関根和子事務所
船橋市咲ヶ丘
2−43−1
TEL.047-440-7950

船橋市議 9 期の豊かな実績

身近な相談相手

★プロフィール
1941年東京都生まれ。都立墨田川高校卒業。千葉県勤労者医療協会に勤務。現在、船橋市議会議員9期目。会派代表、各常任委員長等を歴任。咲が丘4丁目在住。
生活相談を
担当する地域
二和西、二和東3〜6丁目、三咲2〜3丁目、咲が丘、みやぎ台、八木が谷、高野台、小室町、金堀町、豊富町、鈴身町、神保町、小野田町、車方町、大神保町、坪井町、古和釜町の北部



ごあいさつ
 私の議員生活も32年。みなさまの温かいご支援に支えられ、頑張り続けることができました。
 この間、医療・介護、教育の充実、住宅・道路・公園・下水道の整備など、市民要求実現のために力いっぱい働いてきました。
 今後もみなさまと力を合わせ「市民が安心して年齢を重ねられる町」「子どもたちを健やかに育てられる町」づくりをめざします。

こんな 船橋市 に
市民のみなさんと 力をあわせ
8名の市議団で実現しました
守ります
いのち・くらし・環境
すべての市立小中学校、特別支援学校、市立船橋高校にエアコン設置。
鉄道駅のエレベーター設置を促進。
緊急経済対策として、小規模修繕事業の実現。
妊婦検診を14回に拡大。
コミュニティバス等の試験運行の実施。
国民健康保険料・介護保険料を引き下げます。
不足している特養ホーム・保育園を増設し、待機をなくします。
公立保育園の民営化に反対します。
住宅リフォーム助成制度の創設で地域の仕事づくりをすすめます。
ゲリラ豪雨による都市型水害対策をすすめます。

子育て支援の施設づくり  児童ホーム  未整備地区の改善を!
 船橋市では24地区に各一館の児童ホームの設置を位置づけています。しかし未だ4地区(二和、大穴、本町、坪井)が未設置状況です。市は未整備地区がある言いわけとして「他の公共施設(公民館等)との併設で対応したい」と言い続けてきました。しかし、残された4地区には公民館がすでに設置されており、他の施設と併設できる対象としては「老人憩いの家」ぐらいしかありません。
  この4地区については児童ホームを主体とした計画にし、順位制を明らかにして整備するよう求めたところ「各地区の児童数や既存のホー
ムまでの距離や利便性などを踏まえ検討したい。財源の問題や用地の確保などを考えなければならないので引き続き検討したい」との答弁でした。
  また、児童の使用が終了する夕方5時以降の児童ホームを中高生も利用できるようにし、健全な交流が図れる居場所としての役割を担うよう質したところ「来年度、数カ所の児童ホームで試行を考えてゆく」との答弁がありました。
  今後も子育て支援の施設拡充に向け力を尽くします。

  

身近なところで スポーツが楽しめる 広場整備を!
  市内にはいつでも気軽に利用できる広場として16ヶ所の「まちかどスポーツ広場」と6ヶ所の「運動広場」が設置されていますが、設置地区に偏りがでています。一地区に4ヶ所の広場が整備されている一方で、まるっきり広場の無い地区が9地区となっています。
  このような未整備地区に広場整備を求めたところ「現地調査を行い新たな広場の開設に向け努力する」との答弁がありました。
  また、当市はスポーツ施設やスポーツ広場が不足しているので、学校ナイター照明を整備し、住民も学校運動場の夜間使用ができるようにすることを求めたところ「八木が谷中学校について現地を調査し、学校とも話をしている。できるだけ設置できるよう努力する」との答弁でした。
  身近なところでスポーツを気軽に楽しむことができるよう、施設整備に向けとりくんで参ります。
   




日本共産党船橋市議団のホームページへ